バネ丁番 (コード : 48)

英語表記 spring joint (米 :spring hinge )

 

眼鏡の中で頻繁な可動部分で、丁番部にバネを組み込み取扱い上衝撃を和らげ、フレーム全体をカバーする役目となる。

構造としては、コイルバネが箱に入ったものが多く使用されている。

板ばねや板バネの応用構造のものもある。

ゴムを用いてクッション性をつけたものもある。

デザイン上バネが見せられたものや、カバーされているものなど多種に及ぶ。

材種や構造により、2~3年で性能が発揮できなくなるものもある。

構造が複雑なものは、ごみが入りやすく汚れが取れにくい。性能がよくないと、左右のバネ反力のばらつきもある。