ベースインの例

メガネにレンズを入れた場合の極端な例です。

 仮に瞳孔間距離が64.0に対して、56.0でレンズをはめたものを掛けたと仮定します。
光りは直進してきますが、レンズを通過する時点でレンズはプリズムとなっているので、光(赤→)は内側に曲がります。
これをベースインといいます。
 レンズとメガネフレームの組み合わせに各種類があります。
本来光が直進していなければならない眼鏡の場合には見えづらく、目は疲れます。
 メガネフレームが変形した場合や、ヨロイ部や鼻パッドが曲がったときなど、目と眼鏡レンズが正規位置にない場合に、このようになっている時があります。

B