眼鏡の丁番は下図の部品構成です。

汎用品のメタル用フレームにおいて

断面形状が規格化されたものが多く、
説明図では同じ断面のものを、フロント用 と テンプル用 に設計され加工し利用しています。

図はチタン材の左用で、一枚ゴマに洋白のスリーブワッシャーをはめ込み、
フロントの2枚駒をはめて、上からネジで締めこむ構造になっています。
Titanium と表示されている眼鏡フレームには、ワッシャーが挟み込まれています。

洋白材のフレームの場合は丁番の材種はチタンを使っていないので、ワッシャーは使用していません。

また、丁番においては、チタン材と洋白材で組み合わせて使用するものもあるので
この場合にも、ワッシャーを使用する必要がないのです。

 

2枚駒の内側に面取りがしてあります。

一枚駒にワッシャーをはめて、組み合わせる際にスムーズに組み込めるようにしています。

面取りがあるということで、ワシャーを組み込んでいるとわかりますね。

 

丁番説明2

 

 

 

 

 

 

 

ワッシャーは、部品数も増えるので、ワッシャーを使わずに、

代わりに、コーティングで丁番の回転摺動性をよくしているものもあります。

コスト高になるので使用されているものはわずかです。