イヤリングのメガネにサングラスレンズをはめ込みました。

販売されているSABAEイヤリングに、はめ込んであるレンズをはずし、ガラスサングラスのレンズをはめ込んでみました。
使用したレンズは、ガラスサングラスの調光レンズです。グリーン色とブラウン色の2種を使用しました。
実はとても高いレンズをはめ込んだのです。
サングラスレンズなので、平面でなく、実際の球面です。
平面の状態より球面のほうが、高級感があり見た目もいいのではないでしょうか。
調光レンズをはめ込んだ理由には、紫外線量が増えると濃くなるのです。
イヤリングをしていて、レンズの色が濃くなったら紫外線の量が増えていると判断できるサインになるのではと。
チョット以外な、イヤリングのグッズとして利用できるのではないでしょうか。
アクセサリーとしてのイヤリングが、紫外線で色が変わるというのも変わっているというか、調光レンズを使用しなくても代用品はあるでしょうけど。
自然の光に同調して色が変わるアクセサリー、どうでしょう他にもどのようなものあるでしょうか、興味あるグッズになるといいいですね。

紫外線の量を確認するのに、測定器を持ち歩くというのは、そこまでする方はいらっしゃらないのではないでしょうか。
ところが、イヤリングなので、自分では外さないと確認しづらいですね。人に見てもらうのが先になるでしょうか。
今すでに紫外線量が多くなっているのです。
サングラスなどの、紫外線の対策はどうしていらっしゃいますか。
これからしばらくは対応が必要になってくる季節ですね。

イヤリング_サングラス