ミニチュアメガネのサングラスのレンズを入れ替えて、ガラス偏光レンズ+ブルーミラーをはめ込んでみました。

 小さいメガネながら、ガラスサングラスレンズは本格的なもの。
もしかして、実用品ですので、ガラス偏光サングラスのミニチュア版としては、最小サイズのものになるのではないでしょうか。
サングラスレンズの表面に、ミラーコートをしたものは、鏡のように見ている人の方向の景色を映します。
ブルーミラーなので青く映って見えます。
サングラスレンズとはいえ、色の種類も豊富で、偏光レンズ、調光レンズ、表面のミラーコート、反射防止コート など他にも多数の仕様があります。よってそれらの組合せが多数あります。
 今回は、ガラス偏光レンズに、ミラーコートをしたものと、ミラーコートをしていないものとの比較で写真を掲載しています。
ガラスサングラスレンズにミラーコートをしたレンズをはめ込んだものです。
レンズが小さくても、ガラスなので球面の均一度はいいのが分かります。

IMG_1401
 モニターの上の載せて、メガネ会館をバックにしたところを撮影したものです。
左側は、ガラスレンズにブルーミラー付、右側はガラスレンズのみ。
IMG_1412
 モニターの上のフチにのせてアイテム的に見せたところです。
手前側は、ミラーコートなしです。奥のほうはガラスレンズにブルーミラーコートをしたものです。
映り込みの色で、ガラスサングラスのミラーコートの有り無しはわかるでしょう。
IMG_1404

ウィンタースポーツ用の、ゴーグルには多数ミラーコートしたものがありますね。
サングラスのカラーが薄くても、ミラーコートしてあると、瞳は見えないものです。
反射があるから、ミラーコートをつけてあるとわかるものなんです。
シーンに応じて、サングラスの色や濃さ(透過率)やミラーの有り無しで、使い分けされています。