日焼けを防止するには

 

対応策として

・強い紫外線に当たらないこと。

・日焼け止めクリームなどの対応をすること。帽子使用も効果があります。

・一番重要な点は、サングラスで紫外線を目に入れないようにすることです。

紫外線を目からたくさん吸収すると、身体全体でより多くメラニン色素を生産するのです。

紫外線を浴びていない部分も日焼けと同じになるのです。

紫外線をカットするサングラスが有効になるのです。

 

サングラスといっても、紫外線カット : 400nm以下のUVをカットする、高品質のサングラスレンズを使用する必要があります。日焼け防止の重要な対策です。

 

サングラスとは、わかりやすく2つに分類すると

A: ファッションで利用するもの。俗に言う ファッショングラス とか カラーグラス です。

B: スポーツや仕事や眼病対策などで、目的に応じて使用するのもの。

目的に応じ 機能・性能 を備えています。

 

日焼けを防ぐには、レンズが紫外線をカットしてくれるものでなければ、逆効果になる恐れが出るのです。

紫外線をカットしないものを知らずに使用すると、暗く見えるため 目の反応は瞳孔が広がり サングラスをしていないときよりも、紫外線を多く目から吸収してしまうということになるのです。

そして、目からたくさん紫外線を吸収することにより、身体全体でより多くのメラニン色素を生産し、身体全体が日焼けしていく、ということになってしまうのです。

 

 

サングラスは、色がついているので光の透過率は減るのでまぶしさを抑えますが、紫外線対応をしてくれているかどうかは、購入前・利用前にレンズ仕様を確認しましょう。

 

色がついていなくても、紫外線をカットする機能のレンズがあります。

視力矯正用のメガネのレンズも紫外線をカットしていますので、確認して購入しましょう。

 

 

人によって日焼けの差が出るのはなぜでしょう。

色白の人ほど日焼けして赤くなるのは、強い紫外線を浴びてもメラノサイトの働きが弱く、メラニ
ン色素を瞬時に体内で生産できないから、身体の日焼け対応が遅れるのです。

皮膚がんになりやすいということです。

日焼けして小麦色になる人は、強い紫外線を浴びると、皮膚の中にあるメラノサイトという細胞が大量のメラニン色素を生産します。体内でメラニン色素が紫外線から肌を守るので、結果肌の色が小麦色に変わるのです。