偏光レンズのサングラスとは

 

サングラスでも偏光レンズがついたものとそうでないものがあります。

偏光レンズのサングラスレンズとは、簡単に言うと

窓のブラインドのように、レンズに水平の横筋が入り、水平方向の光しか通過させないようになっているのです。

偏光レンズ1

日常の環境は、光が乱反射しているので、偏光レンズにより水平方向の光だけを目に通過させることにより、反射がなくなり窓ガラスの映り込みや、水面のぎらつきがなくなるのです。

 

 

 

偏光レンズの機能により、

ドライブ時の視界を良好にし、対向車の窓ガラスの映り込みが消えて中の人が見える。

自分のフロントガラスにダッシュボードの映り込みが見えなくなる。

前の車の室内が見える。ドライビングにおいて視界を良好にしてくれます。

眩しさも軽減します。

 

釣りで水面のぎらつきがなくなり水の中が見え、魚が見える。

そのほか日常では、海・山・雪の中・登山・サイクリングなど、アウトドアーにおいて

眩しいシーンにおいてサングラスが減光するとともに、偏光機能により乱反射をカットし見やすくし、目の疲労を軽減してくれます。

視力が向上したかのように、視界がクリアーに感じます。