偏光レンズの見え方

 

真っ黒に見える状態は、先の見え方の図のように

液晶モニターなどにレンズを充てると

偏光レンズ3

 

 

 

 

回転角度で濃くなり見えない状態になる場合があります。

車を運転しているときには、液晶モニター機器を利用していると、使用角度にて見えない場合が発生します。

これは、サングラスレンズが偏光レンズなので正常であるということです。

 

また、偏光サングラスレンズを通して周りを見ると、窓ガラスなど歪んだものがはっきり見えてしまいます。歪んだ部分は波紋のように見えたり、縞模様でみえたりして色でも分かるのです。

 

自分自身が運転している状態でなくても、

偏光レンズを使用しての観光は、まぶしさをカットし乱反射をカットするので、クリアーな視界で周りの光景を見る事が可能になります。

朝に通勤や仕事で東に向かう方、夕焼けを見ながら運転する方、サングラスは絶大なる効果を発揮します。

 

高機能で精度のいいレンズほど、視界良好で快適なドライブや観光を楽しめます。