目と肌の日焼け対策には、

UVカット機能のを持ったサングラスが有効ということですが

瞳には、光の量を調節する虹彩(こうさい)という部分があり、瞳の色が違うのは虹彩の色が違うからなのです。

明るさに応じて虹彩は広がったり狭くなったり反応しています。

 

日本人は黒っぽい瞳ですが、白人は緑や青っぽい瞳に見えます。
虹彩は、メラニン色素が多いほど黒くなり、少ないほど茶色や青みがかった色になるのです。
虹彩の色が薄いほど光を多く通過させてしまうので、黒目より白人の人は2倍近く眩しく感じてしまうのです。
映画や外国の有名人を見ていると、外国人がサングラスをかけている人が多いのは、ファッションよりも先に、眩しく感じるので目を紫外線から守っているということなのです。

登山や探検などで高地にいる場合、スキーやマリンスポーツ、その他あらゆるシーンで強い光を浴びることがある場合に、最優先で目を守るために必要なのです。

 
近年は日本でも紫外線量が増えているので、サングラスの必要性が増えてきています。