目の日焼けとは

肌は、日焼けで炎症を起こすことがあります。
同様に目が日焼けすると様々なトラブルがあります。
多量の紫外線を浴びると様々な障害が出てきます。

目の日焼けの症状
・目が充血する
・まぶしく感じる
・異物感がある
・涙が止まらない
・目があけられない
・目が乾燥する

などがあります。
強い紫外線を浴びた角膜が炎症を起こして出てくる症状です。
紫外線を浴び数時間後に発症して数日間で治ります。
長期間にわたり水晶体が強い紫外線を浴びると、水晶体は老化し白内障の原因にもなります。

症状によっては眼科医の診断を必要とします。
紫外線を浴びると、肌も目も日焼けをします。脳からメラニン色素を作る指令が出ます。
肌は紫外線を遮れば日焼けは防げますが、目にわずかな炎症を起こすと、脳は体全体を守るため、体身体全体にメラニン色素を作る指令が出るらしいのです。

よって、目と肌の日焼け対策には、UVカット機能のを持ったサングラスが有効であるということです。